So-net無料ブログ作成
検索選択

Live! Live!! Live!!! [Music Life]

昨日日曜日は我が「The Bowlingman」のライブでして。。

まだライブ中の写真が届いてないのでオフステージの写真を少し。。

リハーサルが終わってメンバーの友人にプロのカメラマンがいるということで全員の集合写真を撮ってもらうことに。。

総勢7人の大所帯。 しかしさすがプロ! 並び方やロケーションの選択が早いっ! あっという間に撮影は完了!

この写真は俺の好みで顔の部分をカットしてるけど雰囲気は伝わると思う。
P1020052_2.JPG
ちなみに一番右が俺。 って足だけじゃ分かんないよねっ(笑)

集合写真のあとMYカメラで個人写を撮ってそのなかの俺のお気に入りがこれっ!
P1020117.JPG
って背中じゃ分かんないよねっ(笑) 多分振り返った時に咄嗟に撮った為にピンぼけになってるけど何か自分的には顔写真より気に入ってるんだっ!

でこれはライブ後の打ち上げ
P1020195.JPG
よ〜く考えると打ち上げ中音楽の話しよりカメラの話しの方が多かったような。。。(苦笑)

って肝心の「音楽」の話ししてないよね俺。。。

でも今日のとこはTime Upです

The Rolling Stones - The Rolling Stones Rock and Roll Circus - Jumpin' Jack FlashJumpin` Jack Flash〜The Rolling Stones

Apple Store(Japan)
nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

Live! Live! Live! 後半 [Music Life]

Live当日(16日)はいとこが上京してきてたんだけど彼女は東京ドームへ、、、 東京案内をした時の写真等は又別の機会として今日はLiveの方の話しを。。。

といっても自分で自分のLiveは撮れないから(当たり前かっ)あまり写真はないんだけど。。。

リハーサルの順番待ち中。

雑多ですねぇ〜(笑) 酒がないだけまだ健全かな!?

サウンドチェックと各々の立ち位置をチェック。 さすがに7人もメンバーがいるとステージが狭いね〜。 どこに俺がしゃしゃり出るスペースがあるかもチェ〜ック。

細かい曲の構成の確認や各自の音のバランス等のチェック。 

30分弱の短い時間だけどリハーサルを終えると後は本番を待つだけ。

楽屋横の荷物置き。

さすがに6バンド分の荷物となるとギューギューだ!

ちなみに左のボーダーがSaxのふとし、座り込んでるのがGrのてっちゃん、ジャンパー姿が同じくGrのマエダです。

Live中や打ち上げの写真はないんだけど、感想等少し。。。

Grのマエダが今回初登場と言う事とやっとメンバーが揃っての初ライブ、やっと最後の1ピースがうまって自ずとテンションも上がってきてしまった!!

鉄より熱く氷より冷静に、、、こう書くととてもキザに聞こえてしまうけど実際こういう時はアドレナリンが溢れ出すのを感じ、ながれる汗も気にならず楽器が体の一部になったかの様な感覚に酔いしれながらも各メンバーの音もクリアーに聞こえメンバーの顔やお客さんの顔もハッキリ見えてるんだよね!

楽器の性質上、固定の立ち位置からは動けないはず・・・実際今までこの楽器(エレクトリックアップライト(コントラバスのエレキ版))を使う時は大人しくしてたんだけどこの日ばかりはその愛機を持ち上げあっちへ行ったり来たり!!今思い出しても何で動き出したのかも思い出せない(笑)。 火事場のクソ力じゃないけど自分でも驚きの行動だったよ!

しかぁししかぁし、、、、

エンディングでまさかまさかの大失態!!はあったものの「華」のあったLiveが出来たと思う!!
ステージに立つならやはり「華」がないとねっ! 精進精進!!

Apple Store(Japan)


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

Live! Live! Live! [Music Life]

今日のLiveは、、、

こんな感じ!!

バンザイ俺じゃないけど(笑)気持ち的に!!

But今日はもうダウン。。。

Good Night!!


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

鳥肌 [Music Life]

最近鳥肌たててますか!? たててますか?ってのも変だけど最近鳥肌たったことって何かある??

「仕事でミスって。。。。」てのもあるだろうしそんなのは俺も勘弁っ!

鳥肌が立つ程の衝撃っていうかな?そんなの俺も久々だけどこのサイトを見て興奮したよ!

スパムメールにありがちな文句かもしれないけど(笑)俺が鳥肌たてたのは今年公開予定のRolling Stonesの「Live&ドキュメンタリー」の映画「Shine A Light」の予告編!

詳しい話しは割愛してまぁ観て下さいな!
http://www.rrm.co.jp/gs/Shine-A-Light-Pre.htm

巨匠マーティンスコセッシ監督によるこの作品、予告編だけでも感涙モノです。 何回みても「Junpin` Jack Flash」のイントロの瞬間のけぞってしまいます!

サントラ盤は一足早く3月には手に入れれるみたいだし勿論劇場には絶対観に行こうと思う!

Stonesには関係ないけど俺の愛機の写真で今日はこの辺で。。。

Apple Store(Japan)


nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

LIVE! Live! ライブ! In Hiroshima! [Music Life]

木曜日から3泊4日で広島で開催されたイベント「広島ロック主義」に参加する為に帰省してきました。

5年間定期的に開かれたイベントで紆余曲折を伴いながらも今回で一つの区切りを迎えると言う事でお呼びをかけてもらえたのはとても光栄!

参加したバンドも個人主催のイベントにしてはとても豪華で、二日あるイベントの一日しか参加&見る事しか出来なかったけど大いに刺激を受けて帰ってきたよ!

打ち上げではこれまた豪華なセッションも(無理矢理?!〜笑)行われ、山善こと山部善次郎さんと「VooDoo Hawaiianns」の澄田健さんと絡ませて戴きました!! 

これは色んな意味で刺激がビンビン伝わってきていい経験させていただきました!

と、この辺りで強行軍の疲れがどっときたのでこの辺で。。。。

PS.訪問数がいつの間にか20000を超えてました。不定期な上、コメントやNiceにも返事が返せない中、沢山のお越し本当にありがとうございます!!!!!!!!!!!!!!!!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

LIVE! Live! ライブ! In Yotuya [Music Life]

先週土曜日は、我が「ボウリングマン」の初ライブ。

前のバンドの解散ライブから半年以上、メンバーの中には3〜4年ぶりのライブになるのもいた。 案の定、リハーサルからガッチガチ!! リハ中、ベース一人になる部分で「あれっ?? 指がつってる!!!!」 

かなり緊張してる〜。 まぁ無理もないわなぁ〜。。 まっでも何とかなるだろ!! と無事?にリハも終了。

よく聞かれる事の一つに「本番前って緊張するんですか?」てのがあるけど、今だに緊張します。

ていうか、「ステージに立つ人間は緊張しなくなったらいけない!!」って思ってる! こっちはお金を戴いて、一段高いステージに立って「演じてる」わけで、そこに朝起きて服着てライブハウス来て楽器を「ただ」演奏してる訳ではないんだ!! 緊張感もなくただ「漠然と」ステージに立ってはいけない! 

これもよく聞く話しで「プロになりたい!」 お客さんからお金もらってる時点で「プロ」なわけで、「プロになりたい」より「「プロ」とは何ぞや!?」といった方向で考えた方がいいと思うなっ!



この幕が上がって音を出すまでが一番緊張するんだよねぇ〜!!。

一旦音を出してしまえばあとは「行っとけっっっっ!」状態! 

しかぁし!!、我を忘れる瞬間も必要だけど、ハートはHOT!に頭はCOOL!にねっ!


なんで「裸足」かって? もう何年になるかなぁ? 俺は「Live」では常に「裸足」! ラフな格好だろうがスーツだろうが常に「裸足」! 
それにはとても深〜い理由があるんだ! なのでまた機会があればその「ワケ」についても書こうかな?

あっと言う間の30分だったけど、スタートとしてはまぁまぁかな!? 思った以上に評判もよかったしいい船出が出来たと思うよ!!

PS.今回の写真は親友に撮ってもらいました。 ここで改めて御礼申し上げます!!

Apple Store(Japan)


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

レイトショー [Music Life]

今日、新宿にある「バルト9」にレイトショーで「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ(Buena Vista Social Club)」を観て来ました。

この「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」以前から見たい見たいと思ってたんだけど、近所のレンタル屋はい〜〜〜〜つ行っても「レンタル中」!! いつになったら見れるんだろって半ば諦めてて(買えば早いんだけどね(笑))、先日「ダイ・ハード4.0」を見に行った時にパンフレットでレイトショーで今週一杯やってるのを発見!!

でも時間が時間だけに(開演24:30)難しいかなぁって思ってたんだけど思いのほか仕事が早くあがれて!、駆け足で新宿に…。

物語の発端は、ミュージシャン「ライ・クーダー」が70年代に一度訪れたキューバの音楽家たちを集めて、彼が魅せられたキューバの音楽やキューバの伝説のミュージシャンにスポットを当てたアルバム「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」を制作した所から始まるんだ。

このアルバムはグラミー賞を受賞し、地元キューバでさえ忘れ去られそうになったミュージシャン達にもスポットが当たるようになった。
そこでアルバム制作から二年後、もう一度ミュージシャン達を集めてコンサートを開き、そのエピソードやコンサートに至る風景、ミュージシャン達の生い立ちをフィルムに収めたのがこの映画。

そもそもあれだけのミュージシャン達が集まった事さえ「奇跡」に近くて、最高齢で90歳!! (葉巻を吸い出して85年だってさ(笑))、平均しても70歳代で、勿論殆どの人が現役を退いてるからメンバー集めの時点でかなりの苦労があったらしい。

劇中、映し出される風景はよく言えば「絵になる」けれど、実際ストリートにあるのは溢れかえる半浮浪者に錆び付いた車、ガラクタ同然のオモチャで遊ぶ子供達。 でもそこは「繊細で純粋かつパワー溢れる」キューバ人。 この「TOKYO」とは比べ物にならない貧しい風景からは比べ物にならない「パワー」を感じた!!

そんな「キューバ」を音楽という「言語」で支えて来たミュージシャン達だから(ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブとは40年代に実在した会員制クラブ、今回のほとんどのミュージシャンがそこの出身者)おぼつかない足取りから楽器を手にした瞬間、「マジック」が産まれる!!!

英語を話すライ・クーダーとスペイン語のミュージシャン達はインタビュー時や会話するときには通訳を介するんだけど、いざ演奏が始まるともう通訳は必要なく「音」で「会話」してるのが手に取るように分かるんだ!! 

「あの人は今」的な回顧主義ではなく、キューバの素晴らしい音楽を世界に広めたい、素晴らしいミュージシャン達を紹介したいというライ・クーダーの熱意がこのドキュメント映画の製作に至り、キューバ国以外では全くと言っていいほど知られていなかったこの音楽やミュージシャン達をグラミー賞受賞からワールドツアーを行うまでになったんだ。

NYはカーネギーホールでの公演(これも奇跡に近かったらしい)の模様や初めて訪れたNYを「なんて美しい」と子供の様に見上げる「老」ミュージシャン。

「鍵盤の数、これじゃあ足りないよ〜」とばかりにピアノをはみ出して弾く真似をしておどけるピアニスト。

もう歌う事も嫌になり、歌う事を一度はやめたと語るメンバーが公演終了後、鳴り止む事のないスタンディングオベーションに半ば呆然と立ちながら会場を見渡す時、涙が止まらなくなって小さいながら俺も拍手を送ってしまった。

やっぱり音楽っていいっっっ!俺もやっててよかった!と、とてもすがすがしく劇場を後にする事ができました!

ブエナ☆ビスタ☆ソシアル☆クラブ

ブエナ☆ビスタ☆ソシアル☆クラブ

  • 出版社/メーカー: バップ
  • 発売日: 2000/09/01
  • メディア: DVD

Apple Store(Japan)


nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

相棒 [Music Life]

久々に7月28日には相棒の出番!!

普段は大人しいんだけど、、、

左下のくぼみ(えくぼ)は18年間指を置いて出来た「SOUL」の証!!

テンション上がると、、、

「イっちゃい」ますっ!

父の日ギフトガイド


nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

終 演 [Music Life]

水曜日のライブで一年とちょっとやってきたバンドが解散した。

解散に至る経緯は前の日記に書いたのでここでは省くけど、終わってみるとあっけなさと空虚感とが入り交じって何とも言えない感じ。

いいのか悪いのか未練はないのだけど心の何処かにホント何処か片隅にポッカリと隙間が出来た感じがする。 

いつもならリハーサルのある金曜日も今日はNo Schedule、、、、 何となく持て余す時間が楽しくもあり、でも目的も曖昧でただ人ごみに紛れて歩くだけ、、、、

「隙間」ならまだいいけれど、隙間が傷口にならんようにせんとね! 

隙間を埋めるのは何なんだろう? ただ何で埋めるかは自分次第なんだよね! 「酒」で埋めると言う手もあるんだろうけど、生憎俺は酒が飲めんからなぁ(笑)

記念写真ではないけど、ライブ当日のリハーサルの一コマ、、、


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ラスト・ワルツ [Music Life]

先週の金曜日にバンドのメンバーでミーティングをしたんだけど、次回のライブで解散する事になったんだ。

理由は簡単に言えばメンバー間の方向性の違い。 バンドが解散する時ってこの方向性の違いか人間関係(女が絡む事が多い・・・笑)が殆どじゃないかな?

まぁ解散のアナウンスがされる時はほとんど決まって「方向性の違いが原因で〜」となる。 

方向性、、、一言で言えば簡単だけどその方向性とは実に多岐に渡るもので、やりたいジャンルの事をさす事が多いけど、掘り下げてみると「プロになりたいのかどうか?」 「何が何でも売れたいのかそうでもないのか?」 「ただ楽しい仲間で集まって楽しくやりたいのか意見は食い違っても突き詰めたいのか?」 「イロモノでいきたいのか正統派でいきたいのか?」 それはもう十人十エロ・・・いや十人十色でまたそのテーマ一つを掘り下げると更に広がっていってしまう。

音楽やってバンド組むくらいだから各々が色んなエゴを持込むんだけど、その各々が向かう方向が完全に合う事ってとても難しいんだよねっ。 最初はお互い探り探りながらでいくんだけど段々と「ああしたい、こうしたい、アノ子と・・・」となっていく。  各々のバックグラウンドが違うんだから難しいのは当たり前なんだけど、いざそれが同じ方向を向いた時って言うのはそれはもうとてつもない「マジックとパワー」が産まれるんだ!!

今回は残念ながらそうもいかなかった。 最初はサポートと云う形で始まっていくなかで10歳離れたヴォーカルを俺が経験してきたことを伝えながら育てるつもりだったんだけど、どうもその伝え方がうまくいかなかったのかな? ただ年の差だけでない「感覚の違い」と云うのは最後まで拭えなかった。 

どっちが良い悪いでなく「ただ歯車が噛み合わなかった」と思う。 だから「解散して新しいバンドを始めたい」というヴォーカルに「分かった」とだけ言ったんだ。 

また次の職探しをしないといけないんだけど、それはそれで何気に楽しみでもあるんだ。 一から又メンバーを探すのは大変な事だけど、意味もなく良い予感がする(笑)

そんな訳で最後のライブになるけれど熱く楽しくそして勿論全力投球でいく所存でございます!! 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。