So-net無料ブログ作成
三つ峠 ブログトップ

後記 [三つ峠]

4月4日に登った三つ峠の日記をやっと終える事が出来ます。(笑)

今回は短い行程ながら初めて登ると言う事で楽しみと不安が一杯な出発でした。 出発して途中までは晴天に恵まれてたけど、コースのきつさや後もう少しの所で小雨が落ちてきてかなぁり不安になりました〜。

久しぶりに自分を励ましながら登った道のりは忘れないと思う。

山荘で出逢った写真クラブの会長さんや、不動産業を営みながら組子細工の教室を開いたり台湾の玉山(ニイタカヤマ)と富士山の友好登山をされたりしてるご夫婦。 お二方とも還暦を迎えて尚盛んに活動される姿には身の引き締まる思いながら、とても心暖かく迎えて頂きました。。

組子細工。
P1100808.JPG

続きを読む


nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

合流〜下山 [三つ峠]

予定より1時間程早く仲間が登って来て再び山頂へ。。。。

前日の話しや皆が持ち寄ったお昼ご飯に舌鼓を打ちながら山頂での昼食。

朝方より天候は良くならなかったけど皆思い思いに風景に見とれながらの昼食は最高でした!

隊長のFさん。
P1240211 のコピー.jpg

今回の主役はSさんの退院復帰祝いなのです。
P1240217 のコピー.jpg

続きを読む


nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

八十八大師 [三つ峠]

山頂での撮影を終え冷えきった体を休めに山荘に戻って朝食を摂った。 3時間ちょっとでかなり頑張ったつもりだけど、写真クラブの方の中には俺より1時間も先に出ておれより1時間も遅くまで撮影してる方もいらっしゃいました!!

その方の御年70歳過ぎ!!! 60歳を過ぎてから写真に目覚め、昨年はあるコンテストで日本一!!になられたそうです!! 「物事を「始める」にあたって「遅い事はない」」とはこの事だなと感動しつつ、小さく可愛いおばあちゃんの熱意たるや30過ぎの俺よりも更に熱い物を感じました! 

食事と暖をとり仲間が訪れるまでまだ少し時間があったのでここから1時間程の「八十八大師」に行ってみる事にしました。

途中の「屏風岩」
P1240065 のコピー.jpg
今の季節、ここは「ロッククライミング」をする人で賑わってる事でしょう!

続きを読む


nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

三つ峠の夜明け [三つ峠]

星空をうまく写真に収める事が出来なかった物の、都会では決して見入る事の出来ない風景に出逢えた事、、、、前日の天気からだと半ば諦めてたし、、、、そしてこの時も夜が明けてからも素晴らしい景色に出逢える事が出来ました。
P1230928 のコピー.jpg

運の強さとでも言うのかな? 自分では意識していないんだけどこういった景色を見る事が出来るのはとても恵まれてると思います。
P1230936 のコピー.jpg

「それは貴方が神様から与えられたもの」と言われた事があります。 なかなか「神」を意識する事は難しいんだけど、こうやって素晴らしい景色に巡り会えたり写真に収める事が出来たのは自分自身の力だけではないので感謝しつつブログにアップして少しでも感動のお裾分けができたらなと思います。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

藍富士 [三つ峠]

のんびりと「バルセロナ ガウディシリーズ」で日記にしてますが、ガウディの集大成でもある「サグラダ・ファミリア」に行く前に延び延びになってる三つ峠の写真をアップしておきます。

「三つ峠シリーズ」どこまで書いてたっけ?と自分のブログを読み返し(苦笑)、山荘「四季楽園http://www.mitsutoge.com/info/index.html」に着いた所まででしたね。。。。

16時過ぎに山荘に着いて部屋へ案内されると、「混雑してる時は相部屋だけど、今日はすいてるから」と8畳の部屋へ一人で案内された。畳敷きの部屋に懐かしい佇まいのコタツが陣取りながらも一人では持て余しそうな広さにようやく落ち着く事ができた。 

荷物の整理を終え1階に下り食事を頂く事に。。。 地場で採れた山菜(常連の宿泊客の差し入れらしい)等、普段では食べる事の出来ない料理に身も心も暖まったよ。。。

外はまだ雨[小雨]

部屋に戻ると疲れからか18時には寝てしまってた[眠い(睡眠)]

フと目が覚めて時計をみると午前3時。 普段ならまだ起きてる時間(笑)

カーテンを開けてみると。。。

昨日までの雨が嘘みたいに晴れて一面の星空[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]

「東京でも意外に星ってみえるんだな〜」って思っててもやはり街灯のない場所では星が夜空を埋め尽くす光景はガラス越しでも美しかった[ぴかぴか(新しい)]

下調べした日の出時刻は5時前。 4時20分、撮影の準備を終え気温マイナス3度の外へ出た。


続きを読む


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アート

山の天気と、、、 [三つ峠]

前回の所から進んで行くと途中にこんな看板が、、、、
P1230882 のコピー.jpg

この勾配のきつさわかるかな??
P1230892 のコピー.jpg
ここかなりきつかったんだ[ふらふら]

きついのはまだ我慢すれば何とかなるんだけどこの写真の辺りで天気が一変[台風] 小雨とまでいかないけど雨がポツリポツリ。。。

おまけにガス(薄いキリみたいなの)が少しずつ上がってきた[爆弾]

行けども行けども山荘に続く他の登山路の合流点には辿り付けず、道はせまいし急勾配。 登山路を示す印にも出逢えず実はめっちゃドキドキしながら上がってました。

ひっさびさに孤独感と心細さに襲われながら歩く事約一時間。

いやぁほんとにビビった!!

「がんばれぇ」とか自分を励ましながら(笑)

何とか合流点に着いた頃には辺りは霧一面[霧][霧]<


P1230895 のコピー.jpg

晴れてたらなんて事ない道なんだけど20m先が全く見えない[exclamation&amp;question]
P1230897 のコピー.jpg

そんなこんなでアタック開始から約5時間。 ようやく山荘「四季楽園」http://www.mitsutoge.com/info/index.html
に到着[モータースポーツ][モータースポーツ]
P1230899 のコピー.jpg

今回幾つかある登山路から浅間神社と母の白滝が見たいが為にこのルートを選択したんだけど、山荘で色んな人と話してるとこのルート意外にきつくて下る人はたまにいるけど登る人は滅多にいないんだって[がく~(落胆した顔)] そりゃそーだろーなぁ ほんっときつかったもん(苦笑) いやぁ登りきった自分を今更ながらも褒めてやりたいよ(笑)。

nice!(6)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

せせらぎを聞きながら [三つ峠]

ご覧下さい[るんるん]


私事ではありますが去る19日に発売された、月刊「住宅建築」5月号http://www.jutakukenchiku.net/の巻末にある「Information」の片隅に自身の写真が載りました[ひらめき]

これは神楽坂にある「アユミギャラリー」http://www.ayumi-g.com/で3月10日に行われた朗読劇「快飛行家スミス 特別公演 神楽坂出窓物語」http://www.geocities.jp/kaihikouka/kaitop2.htmを撮影した一コマであります。

去年撮影したお芝居http://bassman-freestyle.blog.so-net.ne.jp/2008-10-27からの繋がりで撮影にお邪魔した訳です。

写真の出来としてはやや恥ずかしいモノだけど、雑誌に自分の名前が載るなんて本棚探す時はさすがに緊張しました[あせあせ(飛び散る汗)]

専門誌と云う事で大きな書店にしかありませんが(実際自分も何件もの書店を歩きました)もしみかけたらご一読下さい。

今回こんな素晴らしい機会に恵まれた事、快飛行家スミスの北河原梓さん、奈佐健臣さん、アユミギャラリーの鈴木喜一さんにこの場を借りて御礼申し上げます。
nice!(7)  コメント(5)  トラックバック(2) 
共通テーマ:アート

頂(いただき)への道 [三つ峠]

またまた間があいてしまいました。。。m(_ _)m

せせらぎを耳にしながら山頂に向かいます。
P1230856 のコピー.jpg

木立に差し込む光も柔らかく心地良い[グッド(上向き矢印)]
P1230861 のコピー.jpg

登山道に芽生える小さな命。
P1230864 のコピー.jpg

落ち葉に目をやる余裕もありながら。。。(笑)
P1230870 のコピー.jpg

小さな小さな流れ。
P1230871 のコピー.jpg
いずれ下流の滝へと、そして河口湖へと注ぐであろう小さな水の流れ。

この辺りでは「まだ」木々の間から青空を望む事が出来ました。
P1230879 のコピー.jpg
そう「まだ」。。。

[exclamation&amp;question][exclamation&amp;question]雲行きが怪しくなって来たぞ[時計]
P1230865 のコピー.jpg





nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

母の白滝 [三つ峠]

河口浅間神社から歩く事約20分、程よく体があったまって来た頃「母の白滝」に到着。
P1230815 のコピー.jpg

平安時代から富士山に登る前に身を清めたと云われる母の白滝。
 P1230797 のコピー.jpg

小さいながらもその美しい景色にしばし見とれながら1000年の時の流れに想いを馳せる。
P1230798 のコピー.jpg

聞こえるのは流れ落ちる水の音だけ。。。
P1230800 のコピー.jpg

マイナスイオンを全身に浴びて歩みを進める。
P1230805 のコピー.jpg
P1230818 のコピー.jpg

上流にも美しい滝に出逢う事が出来ます。
P1230825 のコピー.jpg

P1230852 のコピー.jpg

ここから本格的に登って行きます。
P1230843 のコピー.jpg

nice!(6)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

神木 浅間神社 [三つ峠]

去る先週の土曜、日曜日と山梨県の「三つ峠山」に行って来たのでその写真を何回かに分けて。。。

三つ峠山頂までは幾つかのルートがあるんだけど、麓にある川口浅間神社からのルートを選択。。
P1230724 のコピー.jpg

バスを降りた時から時の流れの緩やかさを感じながら。。。
P1230722 のコピー.jpg

足を進めて行く。。。
P1230725 のコピー.jpg

真っ直ぐに伸びる杉に見守られながら、、、
P1230727 のコピー.jpg

山の中腹にある「母の白滝(明日紹介します!)」と、、、
P1230734 のコピー.jpg

樹齢1200年と云われる神木に、、、
P1230740 のコピー.jpg

逢いに行きたかったから。
P1230747 のコピー.jpg

大地にしっかりと根をはり、、、
P1230753 のコピー.jpg

雨や風、雪に耐えながら、、、
P1230771 のコピー.jpg

1200年もの間、少しずつ成長を繰り返し、、、
P1230758 のコピー.jpg

時の流れを今に結び伝えてくれる神木達。。。
P1230755 のコピー.jpg

「逢えて良かった」

nice!(5)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
三つ峠 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。