So-net無料ブログ作成

清水の舞台 [Buy The Way〜買物紀]

ついに清水の舞台から飛び降りてしまいました[どんっ(衝撃)]

って言っても何か分からないよね。。。

実は新しいレンズを買ってしまいました[exclamation×2]

その名もPanasonic LEICA D SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.[exclamation]

何でこのレンズの購入に踏み切ったかというと、
この間の日曜日、友人から芝居の稽古の撮影を依頼されたんだ。

今使ってるのは14-150(35mm換算28-300)
広角からズームまで使えるとても便利なレンズなんだけど
いかんせん暗いんですよっ。(F3.5-5.6)

暗い場面だと「人物」しかも演じてる状況となるととてもつらい[バッド(下向き矢印)]

いつも撮ってる風景なら三脚立ててじっくりと構える事が出来るけどそうはいかない。

依頼されてから一週間悩みに悩んだよ〜。

だってお値段******円[むかっ(怒り)]  
おいそれと手が出るもんじゃないよね。

これがCanonやNikonだったらレンタルと言う手もあるんだけど
なにせL-10はパイが少なすぎるっ[あせあせ(飛び散る汗)]

某価格サイトでアドバイスもらったり色々調べた挙げ句、、、

他にも選択肢はあったかも知れないけど撮影寸前まさに「英断」しました[exclamation×2]

で実際使ってみると、、、、

まず「明るい」[ぴかぴか(新しい)] 
ちょっと暗い室内でも軽くシャッタースピード稼げるし
手ぶれ補正はついてないけど十分[手(チョキ)] 
これは狙い通りでした!

しか〜しここからが大変でした。 
まず「単焦点」なのでズームにしたり出来ないから、
狙い通りのアングルにするために
前に行ったり後ろに行ったりフットワークが要求されます。

そしてF1.4というレンズならではの浅〜い被写界深度。 
なっかなか思った所にピントが合わせる事が出来ないんだ。[ふらふら] 
でもここぞ!という所にピントがあった時はそれはもう今まで見た事の無い出来[ひらめき] 
何かウデが上がった錯覚をおこしてしまいます(苦笑)

なかなかというか
かなり苦労する場面が多いけど、
とてもいい予感もします!

ある写真学校では最初の一年間は「単焦点」のみで勉強するって言うし、
ある雑誌には「その難しさに気づいた時に撮影技術の向上が始まる」とありました。

本体のローンも終わってないし
(技術的にも)何とか元が取れるようにしないとねっ(笑)。

2時間弱の稽古の間500枚以上撮影しましたが
10分の1位使えるのがあるかなぁ? 
今はまだ公演が始まってないので劇中の写真は公開出来ませんが
合間に撮影した中でうまくいったのを何枚か。。。

P1120610 のコピー.jpg

P1120615 のコピー.jpg

今回撮影をしたのは「ルリユール旅団」旗揚げ公演「風先停留所」。 お世話になりました[わーい(嬉しい顔)]
http://www7b.biglobe.ne.jp/relieur-ryodan/
こちらも是非ご覧下さい[ぴかぴか(新しい)]

Apple Store(Japan)



nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 2

ゆう

お友だち出演の舞台楽しみですね♪
舞台上の人物・・・難しそうです。とんねるずの舞台写真持ってますが
周りが暗くスポットライト上だと どうしても人物だけ浮いてるように
見えますから。。。 素敵な写真撮れるといいですね!
by ゆう (2008-10-15 10:02) 

ゆう

丸!さん初めまして、ゆうさんaki-ponさん、nice!ありがとうございます!
<ゆうさん、撮影では初めての事が目白押しだったけど何とか終える事が出来ました。 ビギナーズラックな写真が撮れたので上演が開始されたらまたアップしたいと思います。
by ゆう (2008-10-17 00:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。