So-net無料ブログ作成
検索選択

Eternal Forest 8 [百名山 屋久島(宮浦岳〜縄文杉)]

前回の縄文杉すぎにはかなりの反響があったんだけどその向かい側にも実はとても奇妙な杉が立っている。

この何とも言えない枝っぷり!! 

感動もひとしきり味わってお待ちかねの食事はラーメン! それにしてもSさんのバッグの中にはどれだけの食料が入ってるんだろう!?

やっと身も心も落ち着きを取り戻して宿に戻ったのが午後4時手前。 ある程度の準備が出来た途端、俺は一足も二足も早く夢の世界へと旅立つのでした(笑)。

。。。。。。。。

いよいよ三日目。 この日も朝は早く最後の身支度を済ませ小屋を出たのが5時20分。

昨日より遅いもののまだ外は真っ暗だけど、何かそれにも慣れたかな!?

小屋の外には入りきれずにテントで夜を明かす人もいたみたいであんな小屋でも良かったなと実感。

そして辺りが暗い中、昨日見た縄文杉の前を通過。 あの異様な姿から暗闇で見ると怖いのかと思ったけど俺が感じたのは全く逆の感情だった。

怖いと言うよりはむしろ「安心感」にも似たとても穏やかな表情で道中を行く俺たちを見守ってるようなそんな心地よささえ覚える様な感じだった!!

その縄文杉を見学するデッキの下にある昨日も食事をした水場で朝食の準備。 最後の朝食は「おでん&そば」 この意外な組み合わせビックリするくらいおいしかったしお腹も膨らんで最後の道のりへ意欲も食欲も満タン!!

食事も済んで空も明るくなり始め歩き始めると間もなく木々の隙間から素晴らしい朝焼けが見えた。

最後の旅路を行く俺たちを迎えてくれてる。 
まさにそんな感じの朝焼けに見送られて足を進めて行った。

11月14日作成。

Apple Store(Japan)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。